2011年のダル星住人

7月5日(火) ――竹内博さん――

 午前10時より渋谷区の代々幡斎場にて竹内博さんの告別式。

 竹内さんは特撮映画研究家。怪獣オタクといっても失礼には当たらないかと思います。
 私は古典SF研究会でご一緒させてもらいました。お持ちの資料の中から写真をお借りしたり、私が興味をもちそうなものを譲ってくださったり。一方的に恩恵を受けるのみの関係でした。
 静かで、深い知識をお持ちの方、という印象です。裡にたぎる情熱はただならぬものがあったのでしょう。

 今日の告別式には、友人、仕事仲間などが集まりました。およそ80人ぐらいだったでしょうか。
 親族も、僧侶もいません。映画『ゴジラ』の音楽が流れるなかで、最期の日々の報告があり、皆で花をたむけてお別れしました。

 世に出された書物やレコードは素晴らしく、貴重な資料も生前にしかるべきところに寄贈なされたようです。
 こんな言いかたをしていいかどうかわかりませんが、みごとなオタクの生きざまだったのではないでしょうか。享年55。合掌。


 ステレオグラムは今日、夕方の空の雲。立体視することで、遠近がきっちりと出ました。